HOME

プラセンタの種類

豚プラセンタ

少し前までは、牛のプラセンタを使った商品が一般市場において台頭していましたが、狂牛病発生のためやむなく下火となり、代わりとして登場したのが豚のプラセンタを使った商品です。 豚は、臓器や遺伝子等の構造が人に類似しているために、人が摂取してもアレルギーを起こす事が少ないというメリットがあります。 現にその点が医療で注目され、将来人に豚の臓器が移植できるよう研究開発が進められています。

また、人のプラセンタと比較した時、豚のプラセンタの方が滅菌処理後に残る有効成分が多いというメリットがあります。 これは人のプラセンタの場合、摂取する側も人なのでプラセンタの摂取が原因で何らかの病気に罹る確率が他の動物のプラセンタを摂取するよりも高くなります。それ故必然的に徹底した滅菌処理を行う事になりますが処理が強力なため、一部の有効成分が失われます。

対して豚のプラセンタの場合、生物として種が異なる上、SPF豚と呼ばれる豚のプラセンタを使用しているという理由から、人のプラセンタよりも徹底した滅菌処理を行う必要がありません。 SPF豚とは日本SPF豚協会が認定した農場で飼育された、指定病原菌を保持しない健康な養豚の事です。高い管理技術や厳格な防疫を農場に徹底させ、病原菌を極力発生させない環境を作る事でSPF豚の生産を実現しています。

一方、一般的な豚は病原菌の対策として、防疫の他に様々な抗菌性物質の積極投与等を行っていますが、薬剤が体内に残留する可能性が生じるため、プラセンタの安全性に疑問が残ります。

また抗菌性物質の投与回数がSPF豚と比べ多いので、抗菌性物質に対し耐性がついた病原菌が出現する可能性が高くなります。もし出現した場合は、治療が困難もしくは不可能となり生産数に悪影響が出ます。それはプラセンタの確保の困難につながります。 人や一般の豚と比べて高い安全性と生産性を誇り、滅菌処理後も有効成分を多く残すSPF豚のプラセンタは現在、プラセンタを使って作られた商品の原料として一番多く利用されています。

Copyright © プラセンタの種類. All Rights Reserved.